お風呂やキッチンのカビ汚れ・・・
しつこくてなかなか取れない、
エアコン
もなんだかカビくさい・・・
そんな経験意外と多いと思います。
今回はそんな皆さんにカビの豆知識や
汚れ落としのコツをご紹介します。

浴室を清潔にして乾燥させることが、カビ予防のポイントになります。 皮脂や石鹸カスなどの汚れを落とすには、お湯が有効、湿気を抑えるために温度を下げるためには、水が有効です。つまり理屈上は、お風呂のカビ予防には「お湯をかけた後に水をかける」が正解なんです。

そして、もっとも大切なのが最後に水分を拭き取ること。拭き取った後も、ドアを開けっぱなしにしたり、換気扇をまわして浴室をできるだけ乾燥させましょう。

advice02_img_01

そういった方には、消毒用エタノールがおすすめです。タンパク質を分解する作用があるので効果テキメンです。 手順ですが、カビにエタノールを吹きかけてペーパータオルを貼り、10分ほど時間を置いてから拭き取ってください。

ただし、殺菌はできても漂白作用がないので汚れは落ちません。漂白が必要な場合は、塩素系漂白剤をお使いください。

advice02_img_02

ピンクの汚れの正体は"ロドトルラ"と呼ばれる酵母菌で、カビではありません。擦れば簡単に落ちますが、菌そのものは残っているため、すぐに繁殖してい、そのまま放置すれば黒カビが生えてしまうことも・・・

通常のお風呂場の洗剤には殺菌作用がありません。ですので、ピンクの汚れにも殺菌効果があるエタノールを使いましょう。黒カビが生える前に、できるだけ早めに対処することをオススメします。

ホコリや黒カビだと思われます。内部に付着していたホコリやカビが剥がれて空気と一緒に送風口から出てくる場合があります。 市販の洗浄スプレーも日々のお手入れには有効ですが、洗浄剤を洗い流せないので、残ったクリーナーが逆にカビのエサになったりする可能性があります。

1年に1回程度は専門のクリーニング会社にエアコン掃除を依頼されると安心ですね。

advice02_img_03
img_kajitaku_logo

イオングループ「カジタク」
ハウスクリーニングサービスを
おトクに利用できる!

advice02_img_05
詳しくはこちら