ちょっぴり秋の気配も
感じられるようになりましたが、
蒸し暑さはまだ続きますね。
真夏のお掃除は汗が流れて
なかなかやる気が起きませんが、
じつは夏にこそ、お掃除すると
よいことがあるんですよ。
暑さもやわらいできたこの時期、
残暑を味方にしてお家をきれいにしてしまいましょう!

1つめは、その暑さ、温度にあります。
寒い時期はどうでしょう。水が冷たい、風が冷たいといったことがありますよね。でもその心配はありませんね。それに手荒れしにくいということだけでも、いつも水を使う主婦にはメリットがあります!

2つめは、なんと言っても油汚れが取りやすい、ということ。
寒い時期になると、油は固まって取れにくくなりますよね。でもこの時期はまだ固まっていないので、油が剥がれやすいんです。

3つめは、この時期にお掃除をしておくと、 年末の大掃除の負担が軽くなるということです!

暑い時期の掃除、効率的どんなところ?

まずはキッチン回りを掃除してしまいましょう。
コンロ回り、レンジフード、コンロ下の床など、キッチンには飛び跳ねた油の汚れが多いですよね。
そんな時には、 重曹スプレーを使ってみましょう
作り方は簡単!水500mlに対して重曹を小さじ4杯程度を目安に入れ、よくかき混ぜます。これで準備完了。
あとは油汚れが気になるところにスプレーして使っていきましょう!
汚れが落ちにくい部分へは、汚れにキッチンペーパーを被せ、スプレーを吹き付けてしばらく時間を置いてから拭き上げると落ちやすくなりますよ。

どこの掃除をしておけばいいのかしら

「赤カビ」は以前の回でも登場しましたが、実は「ロドトルラ」と呼ばれる酵母でカビではないのです。でも雑菌になるので、油断をすると赤カビだらけ、なんてこともあります。
特に暑い時期は浴室の湿度も高く繁殖しやすいので、汚れを残さないことが重要になります。 浴室を出る時に水シャワーで浴室内を洗い流すだけでも発生させない予防になりますよ。 また 殺菌効果があるエタノールで拭き上げることも効果的ですね。
これも水が冷たくない時は、やりやすいですよね。
この時期に気をつけておくと、年末の大掃除が楽になりますよ。

みなさん、どうでしたか。
暑い時期の掃除は、掃除のしやすさや汚れの落としやすさという点でメリットがありましたね。汚れは落ちやすい時に取っておく。それが年末大掃除へ向けての準備にもなります。

でもやっぱり暑い時の掃除はちょっと...という方にはプロのハウスクリーニングを利用して、徹底的にお掃除をしてみるのも一つの手ですね。
ハウスクリーニングのあとは、キレイな状態を保つように心がけていけばきっと大掃除もいつもより楽になりますよ!

お風呂掃除で気をつけておくことはあるかしら。最近は赤カビが目立つようになってしまって。
家事の宅配

イオングループ「カジタク」
ハウスクリーニングサービスを
おトクに利用できる!

ハウスクリーニングサービス
詳しくはこちら