【教育研究家に聞く】トイレトレーニングはいつから? 時期の決め方・見極め方

「トイレトレーニング」は、小さな子どもの子育ての難関の一つ。いつから始めたらいいのか迷いますよね。その開始時期には、子どもの身体の発達だけでなく、精神的な発達も考慮して決めると良いそうです。トイレトレーニングの開始時期と進め方のコツについて、教育研究家の征矢里沙さんにご紹介いただきました。

トイレトレーニングを開始するのに適切な時期とは?

PIXTA
ーーートイレトレーニングはいつから始めるのがいいのでしょうか?

「トイレトレーニングをするなら、早いに越したことはない」「早く始めた方が早く身に付く」という印象があるかもしれませんが、決してそうではありません。その子に応じた適切なタイミングを見極めるのが大切です。

「一人で排泄できるようにする」ためには、まず、おしっこをある程度、溜めておくための膀胱が発達している必要があります。また、自分の意思でおしっこを我慢してトイレに行き、自分でパンツの脱ぎ着ができる、という心身の発達も必要です。

日本小児泌尿器科学会によれば、1歳頃になると、尿が溜まった感覚が分かるようになるそうです。

ただ、通常は2~3歳くらいまでは、尿意を感じたとたんに、反射的に膀胱が縮んで、勝手に尿が出てしまい、本人の意思では止めることができないそうです。また排尿機能の発達には、かなりの個人差があります。
PIXTA
ーーーなるほど。「◯歳が良い」と断定はできないんですね。

そうですね。お子さんの身体や心、言葉の発達の様子を見て、トイレトレーニングの開始時期は判断しましょう。

通常は、早くても1~2歳で、3歳以上になっても決して遅すぎるということはないと言うことです。あまり焦らずに、子どもの身体と心の準備が整うタイミングを待つのが良いでしょう。

一昔前は、1歳までにおむつを外したという話もよく聞きます。
でもそれは、布おむつを洗う手間を省くために、親が頻繁にトイレに連れて行くなど、親も子どももかなり頑張っていたからではないかと思います。

今は紙おむつも発達しています。急ぎすぎると、かえってなかなか終わらずにイライラしたり、子どもにとってもプレッシャーになってしまいますよ。

プロフィール紹介

征矢里沙さん
・『生きる力』をはぐくむ教育研究家
・NPO法人いきはぐ代表

子ども達の『生きる力』をはぐくむという観点から、様々な教育を研究。大学卒業後、社会人経験を経て、NPO法人いきはぐを設立。全国100ヶ所以上の学校・幼稚園・保育園等を実際に訪問して取材をするなど、『生きる力』をはぐくむ教育を広めるために活動。現在、1歳と4歳の男児二人の母としても奮闘中。
ホームページ:NPO法人いきはぐ

おわりに

トイレトレーニングの開始時期についてご紹介しました。より詳しい見極め方や進め方のコツについては「東京ガス ウチコト」の記事(https://tg-uchi.jp/topics/2468)をご覧ください。

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。