各家庭の炊飯の実態をご紹介! 若い世代ほど朝食にご飯を食べている!?

普段朝食や昼食は何を食べていますか? パン? それともご飯? 最近は「ご飯離れ」が進んでいると言われていますが、実態はどうなのでしょうか。東京ガス都市生活研究所の研究レポートで明らかになった、ちょっと意外な「年代別」主食の実態をご紹介します。

あなたは普段、「主食」に何を食べていますか? 主食とは食事の中の主なエネルギー源となる食べ物。ご飯やパン、麺類などの穀物を指します。

朝食、昼食、夕食などの食べるタイミングによって違うという方も多いのではないでしょうか。現代は、昔に比べて「お米離れ」が進んでいるとよく言われていますね。実態はどうなのでしょうか。

東京ガス都市生活研究所の研究レポートで明らかになった、ちょっと意外な「年代別」主食の実態をご紹介します。

【朝食】は、若い人ほどパンより「ご飯派」!

東京ガス都市生活研究所「現代人の食事情2013~ご飯の食べ方・炊き方の実態~ 」
年代別に、朝食の主食に何を食べるかを、「米飯」「パン」「シリアル類」「麺類」の選択肢の中から尋ねました。すると、全体的に「パン」が多かったものの、若い世代ほど「ご飯」派が多いことが分かりました。

逆に、50代以上の高齢層ほど「パン」が多くなっています。

【昼食】も、若い人の多くは「ご飯派」

東京ガス都市生活研究所「現代人の食事情2013~ご飯の食べ方・炊き方の実態~ 」
次に「昼食」です。

こちらも、若い人ほど「ご飯」が多いという結果でした。一方高齢層は「麺類」が多く、男性の60代以上、女性の50代以上で、トップが米食から麺類に変わっています。

定年後の夫婦は、昼食に麺類を選んでいる様子がうかがえます。

【夕食】は年代問わず「ご飯」を食べる傾向に

東京ガス都市生活研究所「現代人の食事情2013~ご飯の食べ方・炊き方の実態~ 」
一方、夕食の主食としては、全年代で米飯の割合が非常に高く、「夕食はご飯」と言う方が多いようです。やはり、「お米」は日本人にとって欠かせない主食であることが確認できます。

近年、高機能で価格の高い炊飯器の人気が高いことも、「毎日食べるご飯だからこそ、高額な対価を払っても美味しいご飯が食べたい」という気持ちを表しているのかもしれません。

東京ガス都市生活研究所

PIXTA
東京ガス都市生活研究所では都市で生活する人々の本当に価値ある暮らしのための情報を提供すると共に様々な提言を行っています。
ホームページ:https://www.toshiken.com/

おわりに

日本人にとって、主食としての「ご飯」に関する調査結果をご紹介しました。

意外なことに、朝食では若年層ではご飯派が多く、高齢層ほどパン派が多いという結果でしたが、やはりご飯は日本人にとって欠かせない主食であることを改めて確認できる結果でした。

また、ご飯はいつも冷凍庫にあるというスタイルが、単身者や少人数家庭を中心に定着してきています。今後世帯人数は少なることが予想されており、冷凍しても美味しいご飯を実現する商品や工夫が今以上に求められていくかもしれません。

「各家庭で実際にどの程度の頻度で炊飯しているのか」、「どう保存しているのか」など、さらに詳しい結果については「東京ガス ウチコト」の記事(https://tg-uchi.jp/topics/5140)をご覧ください。炊飯器を使わずに鍋で簡単にご飯を炊ける方法もご紹介しています。

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。