msg-close-icon-blue

現在、一部のお客さまにおいて、ご契約情報の一部が表示されない事象が発生しております。
ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。解消までしばらくお待ちください。
なお、料金・使用量ページが表示されない不具合につきましては、現在は解消し通常通りご利用いただけます。

子どもと一緒に料理することが生きる力を育む! 具体的なメリットとは?

子どもと料理をすると良いことがたくさんあると言われますね。お子さんの成長、健康、良好な家族関係など、さまざまなメリットがありますが、具体的に詳しくご紹介します。

【子どもと料理をするメリット1】五感が鍛えられる

PIXTA
料理をすることによって五感が養われます。
五感とは、味覚・触覚・視覚・聴覚・嗅覚のことです。

味見など、味の変化を感じる中で「味覚」
野菜を洗ったり、生地をこねたりする中で「触覚」
料理・食材の変化を観察する中で「視覚」
野菜を切る音や、お肉を焼く音などを聴く中で「聴覚」
食材の匂いや、料理中の匂いを嗅ぐ中で「嗅覚」

が鍛えられていきます。料理は子どもの感覚を育てる、成長の場だということが分かりますね。

【子どもと料理をするメリット2】好奇心が育つ

PIXTA
料理は、食材が変化をしていく過程を見ることができます。一緒に料理をすることで、子どもの興味を引きつつ、変化の過程を見せてあげることができます。

一つの食材であっても、調理方法を変えれば出来上がりや味なども変わってきます。それをいろんな食材で見せてあげることによって、「次はどうなるのかな」「この食材とあの食材を組み合わせれば美味しそう」「この料理もしかして生姜が入ってる?」等、様々な想像を掻き立てることが期待でき、好奇心を育てることにつながっていくでしょう。

いろんなことに興味を持つ、好奇心旺盛な子どもに育ってくれると嬉しいですね。

【子どもと料理をするメリット3】達成感を得る

PIXTA
料理は日常的に、また比較的短時間で達成感を得ることができる貴重な経験です。

達成感を得ることの気持ち良さを知ることは、子どもの成長に大きく影響していくでしょう。料理を通して小さい頃から達成感を得る喜びを教えてあげ、それがきっかけで自分で達成感を得ようと行動できるような子どもに育ってくれたら嬉しいですね。

【子どもと料理をするメリット4】親子のコミュニケーションが増える

東京ガス都市生活研究所「親子料理の意識と実態2014」
親子料理を実施している母親は、具体的にどのような理由で親子料理を行っているのでしょうか。
1番目は「子どもが料理をやりたがる」と、子ども自身の意欲によるところが7割以上ともっとも大きく、2番目は「将来、子どもが料理を作れるようになってほしい」と料理教育を挙げた人が6割以上。次いで「子どもとコミュニケーションがとれる」と、親子料理を子どもとの交流機会ととらえている人も同程度いました。

料理は様々な会話をするチャンスです。何を作るかを決めることや食材選び、料理の役割分担など料理に関することはもちろん、その間に学校や幼稚園・保育園などで今日何をしたのか聞くのも良いでしょう。

おわりに

子どもと料理するメリット4つをご紹介しました。 「東京ガス ウチコト」の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。