素材の旨味もギュッと凝縮! ガスコンロの「グリル」の活用方法とは?

グリルは魚焼き以外に使わない・・・そんな方はいませんか? 実はグリルは万能調理器具。 時短調理もできますし、素材の旨味もギュッと凝縮してくれます。グリルの活用方法についてご紹介します。

ガスコンロのグリル、普段使っていますか?

PIXTA
ガスコンロのグリル、普段使っていますか?

魚を焼く時しか使っていないという方、それだけではもったいない! グリルはさまざまな調理に活用でき、時短・洗い物軽減にも役立つんです。

グリルには「短時間で高温になる」という特徴があります。

グリルは点火から約1分で庫内温度を300℃以上の超高温になります。 トースターの温度200℃~250℃程度、オーブンの最高温度300℃と比べると、魚焼きグリルの温度の高さがわかりますね。

なぜこんなに短時間で高温にできるかと言うと、魚焼きグリルは庫内がコンパクトで直火だから。 ミニオーブンとしても使えますし、調理時間の短縮にもつながりますよ。

ガスコンロのグリルの活用方法1「お店のような本格ピザをご家庭で!」

TOKYOGAS
子どもにも大人にもピザは人気ですよね。 宅配ピザもおいしいですが、ピザ作りは家庭でも意外と簡単なんです。 しかも、家庭の調理器具の中でもグリルは特に短時間で高温になるので、グリルで作るピザは、石窯で焼いたような仕上がりになりますよ。

ガスコンロのグリルの活用方法2「食パンを焼くとカリッふわに!」

TOKYOGAS
グリルで食パンも焼けるってご存知でしたか?

食パンを美味しく焼くポイントは「高温で短時間で焼く」こと。ガスコンロのグリルなら簡単に実現できるんです。 表面は直火の「放射熱」で焼くのでカリッと香ばしく、高温の「対流熱」で短時間で焼くから中まで火を通し、ふっくら食感に焼き上げます。

「両面焼き水なしグリル」なら、グリルに水入れは不要。 両面焼きなので裏返す手間もなく、調理タイマーで自動消火してくれるので、うっかりパンが真っ黒焦げ! なんてことも防げます。

なお、グリル庫内で加熱中は、食材の表面から水蒸気が放出されます。この蒸気の流れにより、加熱している間は食べ物にニオイがつきません。 ただし火を止めた後、トーストを庫内にそのまま放置しておくと、ニオイが移ってしまいます。焼き上がったらすぐにトーストを取り出しましょう。

おわりに

グリルの活用方法についてご紹介しました。グリルは調理器具の万能選手。他にも7つの活用方法があります。 詳しくは「東京ガス ウチコト」の記事でご紹介しているので、ぜひご覧ください。

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。
myTOKYOGASアプリでもっと便利に!
apply-icon
ダウンロードはこちら