食べもの付き情報誌「食べる通信」購読キャンペーン

食べることは好きですか?

毎日の生活に欠かせない「食」。
みんなでおいしい食事を囲む食卓は、とても楽しい時間ですよね。
でも、そこで食べている食材についてどのくらい知っていますか?どんな人がどんな想いで作った食材なのでしょう?

食べることは好きですか?

食卓の裏側で

私たちの豊かな食生活の裏側で、生産者には苦境が続いています。
1970年に1000万人を数えた就農人口は、現在では192万人に減少。さらに、農家の平均年齢は68.5歳となっています。(農林業センサス、農業構造動態調査による)

食卓の裏側で

新しい食体験に参加してみませんか

食材とそのつくり手を知る、そんなことから私たちの暮らし
を支えている「食」に主体的に参加
してみませんか。
きっとその一歩から、知る、体験する、コミュニケーション
するなど、食の新しい体験が広がっているはずです!

ご存知ですか?まだ利用できる商品がたくさん捨てられています!
つくり手と食べる人をつなぐ
そんな想いを実現する
食体験が「食べる通信」です。

食べる通信

東北食べる通信

「食べる通信」は、食のつくり手を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで定期的に届く“食べもの付き情報誌”です。さらに特集されたつくり手と直接つながる様々なしかけも。つくり手のライフストーリーと共に、食べものをいただく。ごちそうさまを伝える。そんな新たな食体験をお楽しみください。

食べる通信の楽しみ方

「食べる通信」が到着

読者には、発行頻度に応じて定期的に「食べる通信」が配送されます。中身は、つくり手を特集した情報誌と、その人がつくる旬の食べもの。受取希望日や食べものの量は、事前に会員ページから指定できます。

読者には、発行頻度に応じて定期的に「食べる通信」が配送されます。中身は、つくり手を特集した情報誌と、その人がつくる旬の食べもの。受取希望日や食べものの量は、事前に会員ページから指定できます。

誌面で食べものの「裏側」を知る

受け取ったらまずは、特集された生産者の思いや人生、食べものづくりのこだわり等がつまった誌面を読みましょう。特別なレシピや食育に関する情報も満載です。

受け取ったらまずは、特集された生産者の思いや人生、食べものづくりのこだわり等がつまった誌面を読みましょう。特別なレシピや食育に関する情報も満載です。

食べものを調理しよう

「食べる通信」の食べものは、海のものも山のものも、特集内容によって様々です。時には新鮮な魚がまるごと届いて、一からさばいてみるなんてことも。レシピページや同封の説明書を参考にして、食材にあった調理で最高の一皿をつくりましょう。

「食べる通信」の食べものは、海のものも山のものも、特集内容によって様々です。時には新鮮な魚がまるごと届いて、一からさばいてみるなんてことも。レシピページや同封の説明書を参考にして、食材にあった調理で最高の一皿をつくりましょう。

いただきます!

準備ができたら早速いただきましょう!つくり手の思いやこだわりを知って食べると、その美味しさはまた格別です。事前に「増量」をすれば、ご友人を呼んでのホームパーティなどでも大活躍です。

準備ができたら早速いただきましょう!つくり手の思いやこだわりを知って食べると、その美味しさはまた格別です。事前に「増量」をすれば、ご友人を呼んでのホームパーティなどでも大活躍です。

SNSでつくり手とつながる

読者とつくり手のみが入ることができるFacebookグループで、つくり手に「ごちそうさま」を届けましょう。レシピや質問も投稿できるので、つくり手との距離がさらに縮まります。※Facebookグループへの参加は任意です

読者とつくり手のみが入ることができるFacebookグループで、つくり手に「ごちそうさま」を届けましょう。レシピや質問も投稿できるので、つくり手との距離がさらに縮まります。
※Facebookグループへの参加は任意です

つくり手とリアルにつながる

「食べる通信」では、都会で開催する交流イベントや、畑や海辺など生産現場で開催する現地ツアーを多数開催しています。オンラインだけでなく、直接会ってつくり手とつながり、新たな食の世界を体験しましょう。※イベントやツアーへの参加は任意です

「食べる通信」では、都会で開催する交流イベントや、畑や海辺など生産現場で開催する現地ツアーを多数開催しています。オンラインだけでなく、直接会ってつくり手とつながり、新たな食の世界を体験しましょう。
※イベントやツアーへの参加は任意です

キャンペーンを通じて東北復興を支援!

東京ガス×東北食べる通信

東京ガスでは東北復興支援をしています。

BLUE&GREEN PROJECT

省エネ型ガス給湯・暖房機の普及にあわせた植樹活動は高田松原の再生を支援しています。

震災ボランティア

東日本大震災の被災地支援のため、東京ガスグループでは、2011年よりグループ社員が被災地でのボランティア活動を実施しています。

食べる通信は、全国各地で37通信発行されています。その1つに東北6県を特集地域とした 「東北食べる通信」があります。

東北食べる通信

月刊
1,680円
(送料別・消費税込み)

キャンペーン<クーポンコード>
を入力して
「東北食べる通信」
の購読申し込みをした方に!
三浦さんが作ったセリ

先着約300名様全員
東北食べる通信3月号

500円OFF!

抽選で5名様に牡蠣10個(牡蠣号のバックナンバー、牡蠣剥きナイフ付き)が当たるクーポンをプレゼント!

抽選で5名様に
牡蠣10個 (牡蠣号のバックナンバー、
牡蠣剥きナイフ付き)
が当たる
クーポンをプレゼント!

キャンペーン<クーポンコード>

ご利用期限:2019年3月8日まで ※定員に達し次第終了

<クーポンコードの利用条件>
  • ・クーポンコードを利用するためには、食べる通信の購読が必要です。
  • ・クーポンコードは本利用条件に同意したご本人が1回のみ利用できます。
  • ・「食べる通信×東京ガスキャンペーンページ」 でクーポンコードを入力するとキャンペーンが適用されます。
  • ・クーポンの利用期限は2019年3月8日までです。ただし、キャンペーンは定員に達し次第終了いたしますので、予めご了承ください。
  • ・定員は先着約300名です。当社が300名を超えたことが確認できた営業日にキャンペーンを締め切らせていただきます。定員に達した場合、クーポンを発行しても食べる通信サイトの購読申し込みページへ移動できない場合があります。この場合、キャンペーンに申し込むことができません。
  • ・クーポンコードの第三者への開示は禁止させていただきます。
  • ・3月号の決済では定価の¥2,580円が一度引き落とされますが、その後東北食べる通信から500円キャッシュバックされます。
  • ・後日、本キャンペーンに関する簡単なアンケートにご回答いただきます。
  • ・当社は食べる通信の運営会社である一般社団法人日本食べる通信リーグより、東北食べる通信にて本キャンペーンを利用して購入されたお客さまについてのメールアドレス等の個人に関する情報の提供を受ける場合があります。
  • ・当社は一般社団法人日本食べる通信リーグより提供された情報を、ガス・電気・熱等のエネルギー供給販売業、住宅設備機器・機械器具の小売業、設備工事業、土木建築工事業、建築リフォーム業、警備防災業、総合リース業、金融・保険業、生活関連サービス業、クレジットカード業、不動産賃貸・管理業、教育支援業及びこれらに付帯する事業、並びに関連するアフターサービスの提供及び上記各種事業に関するお知らせのために利用いたします。

「500円OFF」&
「牡蠣抽選」キャンペーンコード

TABERU

「上記のクーポンコードの利用条件に同意する」ボタンをクリックするとクーポンコードが表示されます。

クーポンのご利用方法

申込画面フォームの自由記入欄に
クーポンコードを書き込んでください。

クーポンのご利用方法

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。