東京ガスのごほうびバスタイム “吸水性”でお風呂上がりが劇的に変わる!? キーワードは「タオルを体にあてるだけ」! ホットマン「カラーバスタオル」を5名様にプレゼント 応募期間:2017年9月20日(水)~2017年10月19日(木)

お風呂はもっと、あなたをハッピーにできる。

「ごほうびバスタイム」では、“いつものお風呂”がちょっぴり贅沢な時間に変わる、素敵なアイデアをご提案します。

今回ご紹介するのは「タオル」。お風呂には欠かすことのできないアイテムですが、あまりにも身近な存在ゆえに「どれも同じでしょ?」と思っていませんか?

今回は、そんな“どれも同じ”という概念を覆す、すごいタオルがお風呂上がりのひとときをハッピーにします。

photo-1

目にもとまらぬ吸水性が話題
東京・青梅育ちの「1秒タオル」をご存知ですか?

photo-2

さっそくですが、こちらがお風呂上がりを快適な“ごほうびタイム”にしてくれる、その名も「1秒タオル」です。

では、何が1秒なのでしょうか? タオルを製造・販売するホットマンの坂本将之社長にうかがいました。

photo-3

「1cm角に切ったタオルを水に浮かべたときに1秒以内に水中に沈み始めるタオル」のことで、ホットマンが独自に認定する“非常に高い吸水性”を意味するクオリティ表示です(坂本さん)

ホットマンの工場は、東京都青梅市。タオル作りのすべての工程を、青梅と埼玉県川越市で行える、メイド・イン・ジャパンのタオルメーカーです。

実際にホットマンの工場で左の画像のような実験を見せてもらいましたが、1秒経った時点では、すでにかなり沈んでいました。実際には水に触れた瞬間に沈み始めるほどです。

お風呂上がりはどう変わる? バスタオル&バスマットは至福の“ごほうび”

photo-4

「1秒タオル」の抜群の吸水性は想像以上。では、実際にお風呂上がりに使ってみたら、どうなるのでしょう?

今回は定番商品の「バスタオル」と、こちらも大人気だという「バスマット」をお借りしました。

バスルームから出たら、 バスマットの上を「歩く」だけでいいんです!
photo-7

バスマット、何回か足の裏をゴシゴシこすりつけても、廊下がちょっと濡れてしまう。そんなストレスを感じている方も多いのでは?

この「1秒タオル」と同じ生地を使ったバスマットは、お風呂上がりに歩いた瞬間に足裏サラサラ。ただバスマットの上を「歩く」だけでいいんです。これだけでも、お風呂上がりの気分は晴れやか!

体にあてるだけで水を吸い込むタオルで、 お風呂上がりがストレスフリーな”ごほうびタイム”に
photo-8

肩からバスタオルをかけた瞬間、身体の水滴がヒュッと吸い込まれている感覚。

「あぁ、タオルって“あてる”だけでいいんだ」って初めて知りました。体を拭くのを嫌がるお子さんも、喜んでタオルにくるまれるはず。ママ・パパもストレスなしです!

photo-9

そしていちばん吸水性を実感したのが、髪を拭いたとき。こちらもゴシゴシとこするのではなく、タオルで髪を挟むようにするだけで、「ちょっと乾いてきてるね」という状態に。

ドライヤーをあてる時間もとても短くなるので、省エネにもなりそうです。

吸水性に優れたタオルは、肌をこすらなくてもいいので、とても肌に優しいんです。また、濡れた髪はキューティクルが開いていて、その状態でこすると傷が付いてしまいます。

吸水性のいいタオルは、お肌や髪を美しく保つうえでも大切なんです。実際、吸水性に惚れ込んで、プロのヘアメイクの方にも「1秒タオル」をご愛用いただいているんですよ。

プロも愛用するというタオルを、家庭でも利用できるなんて、なんとも贅沢な気分ですよね。

「1秒タオル」の吸水性を実現する タオルへのこだわり

タオルひとつで、ここまでお風呂上がりが快適になるなんて…。バスタイムを劇的に変えてくれる「1秒タオル」はどのように作られているのか、坂本社長にうかがいました。

「タオルは水を吸うものでなくてはならない」 当たり前のことを、まっすぐに追求するホットマンの伝統
photo-5

素晴らしいタオルとは、言うまでもなく「よく水を吸ってくれるもの」でなくてはいけません。それがタオルに求められる機能だからです。私たちはその「タオルの役割」に、真摯に向き合ってタオル作りをしています。

タオルの原料である「綿」は油分を豊富に含んでいて、本来水を吸いづらいものです。その油分を十分に時間をかけて洗い落とすことが、タオル作りのベースになります。

また、綿の繊維は非常に弱いため、「タオル生地に織る」というステップで、糸を糊で固める必要があります。この糊を徹底的に洗い流さないと、吸水性の良いタオルにはなりません。

皆さまからよく言われるのは「ホットマンのタオルはおろし立てでも水をよく吸う」という言葉です。私たちは、生産工程で柔軟剤を一切使いません。柔軟剤を使うと手触りは柔らかくなりますが、吸水性は著しく低下してしまうんです。

タオルに求められている本質を追求することで、「1秒タオル」は生まれました。

基本は風通しのいい場所で陰干し! 洗うほどに柔らかさを増す「1秒タオル」

「長持ちする」というクチコミも多いホットマンのタオル。いいタオルを長く使い続けるために、最後にお手入れのコツを聞きました!

よく晴れた日に、光に当てて乾かしたくなりますが、実は綿は直射日光に弱く、長く日光に当て続けると固くなってしまいます。風通しのいい場所で陰干しするのがベストですね。

また、干す前に何度かパンパンと振って伸ばすと、絡んだタオル地(パイル)がほどけて、柔らかく仕上がります。ホットマンのタオルは繊維が長く、グレードの高い綿を使っています。洗うほどに柔らかくなりますので、ぜひ末永くつかっていただきたいですね。

バスタイムはもちろんのこと、1日のうちに何度も手に取り、触れることになるタオル。生活に密着しているアイテムだからこそ、いいタオルは「心を豊かにする」きっかけにもなりそうですね!

パッチョポイントで当たる ホットマン『カラーバスタオル』
合計5名様

応募資格:100ポイント


present-1

アイボリー 1名様

present-2

ブルー 1名様

present-3

ピンク 1名様

present-4

ブラウン 1名様

present-5

ペールグリーン 1名様

※応募画面ではご希望の色をクリックしてご応募ください。


応募期間は終了しました

次回のごほうびバスタイムの更新は10月19日(木)予定です。

合わせて読みたい

記事一覧を見る