ページタイトル1暮らし

暮らし

身近なものでも、工夫と知恵次第で立派な「防災グッズ」に。

Vol.6食糧は、イツモのものを、
イツモの場所に備えよう

貯蔵庫
目につく
場所に
置く

いつも使う調味料などを置く場所に、非常用の食糧を置いておきましょう。毎日、目にすることで、「気がついたら賞味期限が切れていた」ということを防げます。

備蓄食品
定期的に
食べる

1ヵ月に1回程度の頻度で、「家族みんなで非常食を食べる日」を決めます。あらかじめカレンダーなどに印をつけておくと便利。

備蓄食品を補充
食べた分
補充する

非常食を食べたら、すぐに食べた分だけ補充します。こうしておけば常に一定量の食糧がストックされることになります。

Let's Try with KIDS!
バッグに入れて、キッチンに収納する

定期的に食べ、なくなったら買い足し、いつも一定量をストックしておく。上記の手順は、「ローリングストック法」といいます。この方法ならば、備蓄した食品を一定期間で食べていくため、賞味期限が1年ほどの通常の食品でも「非常食」の代わりとなります。またあらかじめトートバッグに入れて食糧を収納しておけば、いざという時にすぐに持ち出せます。小分けすれば、お子さんでも運べますね。

トートバッグの中に備蓄食品

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。