ページタイトル1暮らし

暮らし

お悩み解決!
お掃除・収納アドバイス

梅雨真只中のこの時期、
衣類を部屋の中で干す機会も増えてきましたね。
でも部屋の中で干すと乾きが遅いし場所もとるし、
それに部屋もジメジメし
ちゃうんじゃないかしら?
そんな疑問をもったことありませんか。
今回はそんな皆さんに
エアコンを使った部屋干しのコツをご紹介します!

ズバリ、部屋干しの洗濯物を早く乾かすコツは“湿度”に関係があるんです。
衣類が乾く時、衣類に含まれた水分は空気中に移動するんです。でも湿度が高いと、その移動ができませんよね。そこで、エアコンの活用となります。
やり方は簡単。 エアコンの除湿(ドライ)ボタンを押すだけ。
部屋の中を乾燥させて、衣類の水分が空気中に早く移動できる手助けをさせるわけです。特に梅雨の時期は湿度も高くなりますので、部屋干しにはエアコンの活用をオススメします!

部屋干しでも早く乾かしたい

臭いの主な原因は雑菌です。雑菌は湿度が高いと活動が活発になります。
ここでも大事なのは、湿度になります。そしてもう一つ、風の流れ。
衣類を乾かすには、室内の湿度を調整してあげる必要がありましたね。
ただ 干している衣類が多いときは、風の流れを作ってあげることが大事 。サーキュレーターや扇風機を使って直接衣類にあてたり、首振り機能を利用して部屋の空気をかき混ぜるようにすると、とても効果的です。

そして洗濯物の干し方にも一工夫。
衣類の丈が長いものを外側、短いものを内側に配置しアーチを描くように配置します。こうすることで空気が循環しやすくなります。

部屋干しする衣類の量が多いので、生乾きの臭いが心配

カビの発生は、エアコン内部に溜まった湿気やホコリが原因となります。除湿(ドライ)機能や冷房機能を利用したあと、送風運転をして内部を乾かすことでカビの予防ができます。
またホコリを内部に溜めないためにも、 エアコンフィルターは2週間に1回はお手入れするようにしてくださいね。

最後に、エアコン内部に付着してしまったカビ・ホコリなどの汚れは、そのまま放っておくとエアコンの風と一緒に送風口から室内に吹き出されます。
送風口を覗いて黒ずんだ点があったら、1年に1回は専門のクリーニング会社にエアコンの掃除を頼むのがオススメです。

エアコンで除湿をすると、内部にカビが発生しちゃわないかしら

「ハウスクリーニングサービス」を試してみたいという方へ!
今ならmyTOKYOGAS・食と暮らしのメールマガジン会員さま限定で
おトクに利用できるクーポン配布中!

家事の宅配

イオングループ「カジタク」
ハウスクリーニングサービスを
おトクに利用できる!

ハウスクリーニングサービス
詳しくはこちら

myTOKYOGASロゴ は、おトクで便利なサービスがいっぱい!

  • その1 使用量や請求額が みえる
  • その2 パッチョポイントが たまる
  • その3 便利なサービスで ためになる
  • myTOKYOGASお得がいっぱい! ※登録料・利用料は無料です。