見落としがちな
窓ガラス・網戸の
お掃除のコツ

寒くなってきましたね。
朝布団のぬくもりから抜け出すのがとっても大変です。
この季節に悩まされるのが窓の結露。
そして窓の汚れもとっても気になりますね。
今回は窓ガラスと網戸のお手入れ方法を紹介します。
寒さに負けずお手入れを進めていきましょう!

窓ガラスの汚れって
水拭きだけでキレイになるのかしら?

実は窓ガラスの汚れは、内側と外側で汚れの種類が違うんです。
窓ガラスの 内側には お料理の際に発生する油を含んだ水蒸気や、手垢、埃、タバコを吸う家庭ではヤニも付着します。
汚れが強い場合は、 アルカリ性の洗剤を使った方が良い場合もあるんですよ。
窓ガラスの 外側は雨・風と一緒に飛んで来た 泥砂や黄砂、自動車の排気ガスなどが付着しています。こちらは 水だけでキレイになることが多いですね。

窓ガラスの汚れって水拭きだけでキレイになるのかしら?

窓ガラスと網戸
お掃除の順番ってあるのかしら?

順番はとても大事なんですよ。
まずは網戸。
その後で外側のガラス、内側のガラスの順番でお掃除していきましょう。網戸を後にすると、せっかくキレイにした窓ガラスに汚れが付いてしまいますね。
窓ガラスは外側の汚れが強い側からキレイにしていきましょう。
内側の掃除をした時に内側の汚れが判別しやすく、拭き残しも見つかりやすくなりますよ。

窓ガラスと網戸お掃除の順番ってあるのかしら?

あと、できれば 曇りの日に掃除をする方が良いですね。
晴れた日は空気が乾燥していて乾きやすく拭いた跡が残りやすくなります。 曇りの日は窓の汚れが湿気を含んで落ちやすくなるんですよ。
そして 明るいうちにやりましょう。これもムラや拭き残しを見落とさないポイントです。

窓ガラスと網戸<br>お掃除の順番ってあるのかしら?

お掃除のポイントを
教えてください!

では順番にそって説明しますね。

まずは網戸からいってみましょう!
まず網戸表面に付着したホコリから取っていきます。これは網戸を先に濡らしてしまうと、ホコリが玉になり取りづらくなることを防ぐためなんですね。また 埃が舞うこともあるので、マスクは付けておきましょう。
埃を取る方法は何種類もありますけど、ここでは2種類を紹介しますね。

1つ目はクイックルワイパーを使う方法。クイックルワイパーで網戸表面をタテ・ヨコと優しく拭いて埃を取っていきます。

お掃除のポイントを教えてください!

2つ目は掃除機を使う方法。網戸の外側に新聞紙を貼り付けて四隅をしっかりデープで留めます。部屋側から掃除機のパワーを弱にして、網戸へあてて埃を吸い取っていきます。


他にも箒やストッキングボールなどを利用した清掃方法があります。方法は色々あるので、自分にあったものを選んでくださいね。

次に 水拭きです。
雑巾2枚を水で濡らして軽く絞ります。網戸の裏表両面から1枚ずつ雑巾を当て、網戸を挟みこむように拭いていきます。雑巾の代わりに、ゴム手袋をした上に軍手をして、同じように網戸を挟みながら拭く方法もありますよ。 汚れが強い場合は、重曹を倍くらいに薄めた重曹スプレーを使うと汚れが落ちやすくなります。

最後に乾いた雑巾で乾拭きをして出来上がりです!注意点として、 網戸はたるみやすいので優しく掃除していきましょうね。

お掃除のポイントを教えてください!

次はいよいよ窓ガラス!こちらも2種類の方法を紹介しますね。

1つ目は布拭き(タオル)を基本とした方法です。布は使い古しのタオルなどを利用しましょう。 タオルへキッチンで使っている中性洗剤を薄めた液体を含ませ、窓ガラスを上から下へ拭き下ろします。
次に水で濡らして絞ったタオルで洗剤が残らないように、キレイに拭き取っていきましょう。
最後は乾拭きです。ここが 最大のポイントですよ! 乾いたタオルで窓全体を拭き上げていきます。濡れスジが残らないように、角度を変えて窓ガラスを確認しながら拭き上げていきましょう!

2つ目は新聞紙のみで掃除する方法です。方法はとても簡単。 用意した新聞紙の半面を丸めてボール状にします。ボール状の新聞紙を軽く水で濡らして、窓ガラスを拭き上げていきます。窓が乾く前に、乾いたボール状の新聞紙で乾拭きをしていきます。これで完了です!

新聞紙のインクは窓ガラスの艶出し・曇り防止効果もあるんですよ。是非チャレンジしてみてください。

お掃除のポイントを教えてください!

窓や網戸掃除は、キレイにすると 部屋に差し込む光まで変わったように感じますよ。 せっかくの大掃除のタイミングですから、是非キレイにしていきましょう!

そして それ以外の部分は、プロに頼んで一気にキレイにしていきましょう!

お掃除のポイントを教えてください!
家事の宅配

イオングループ 「カジタク」
ハウスクリーニングサービスを
おトクに利用できる!

ハウスクリーニングサービス
詳しくはこちら