お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol15 エアコンってどうして汚れるの? お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol15 エアコンってどうして汚れるの?

最近は薄手の服で過ごすことも増えてきました。暦の上では立夏となり、夏のスタートとなります。
早いですね~。今年も半分まで来てしまいました。
今年のGWは家族旅行で温泉へ行ってきました。天候にも恵まれ、のんびりと連休を過ごすことができました。
でも連休が終わってからは、いつもの慌ただしい日常が再開です!
でも最近は気温も上がったので、洗濯物の乾きが早くて助かります(^^)
ふと天気予報を見ると、今年の夏は熱くなりそうな予感。
洋服の衣替えは終わったので、次は夏準備としてエアコンのお手入れをしなきゃですね。

さて、今回はエアコンのお手入れを紹介します。
エアコンを使う機会が増える前に、まずは簡単なお掃除をして準備をしておきましょう!

エアコンってどうして
汚れるのかしら?

汚れの原因を知る前に、まずはエアコンが部屋を涼しくする仕組みを簡単に説明しますね。そこに汚れの原因があるんですよ。

エアコンは、簡単にいうと「熱」を部屋の内と外へ運ぶ役割を果たしているんです。
冷房では、エアコン本体が吸い込んだ室内の空気から「熱」を集めます。
そこで「熱」を取られた空気は、涼しい風として部屋の中へ送風されるんですね。熱交換です。

一方残った「熱」ですが、室外機から熱い風が出ていますよね。これが熱を部屋から逃がしている状態で「ヒートポンプ技術」と呼ばれているんですよ。

汚れの原因は、
何かしら?

ちょっと専門的になってしまいましたが、汚れの原因と場所の説明をしていきますね。

まずは室内の空気を吸引する場所です。室内の細かなほこりやエアコンがキッチンに近い場合は、調理時に出る油もエアコン内部に取り込まれてしまいます。
通常、ここには エアコンフィルターが設置されていて、簡単に取りはずしができるようになってます。

次はエアコン内部。先ほど説明したように内部では熱の交換が行われています。このとき、 熱交換によって結露が発生しやすくなり、発生した結露からカビが繁殖してしまいます。空気の吹き出し口から内部を見たときに黒い点々が見えたら、それは 結露から発生したカビなんですよ。

自分でお掃除できる
場所はどこかしら?

自分で出来る場所としては、エアコンフィルターですね!
簡単にできる5ステップの洗浄方法をご紹介します。

  • 1)エアコンフィルターを外す前に、掃除機でフィルターについたホコリを吸い取ります。
    ※フィルターを外す時に落ちるホコリを軽減することができます。
  • 2)エアコンフィルターを外して、フィルターの外側から掃除機でホコリを吸い取ります。
    ※この後の水洗いが楽になります。
  • 3)ぬるま湯に中性洗剤を入れ、その中でフィルターを洗います。
    使い古しの毛先の柔らかい歯ブラシを使うと、細かい汚れも取り除けますよ。
  • 4)ぬるま湯でフィルターの洗剤をすすぎます。
  • 5)すすぎ終わったら水気をよく切り、日陰で干して乾燥させます。

エアコンフィルターが汚れていて空気の取り入れが悪くなると、エアコン本来の力が出せないばかりか、電気代にも影響が出てしまいます。
エアコンシーズンが始まる前に、エアコンフィルターを洗って準備を整えておきましょうね!

でもエアコン内部のお掃除は家庭では難しいですね。
エアコンの空気吹出し口を覗いてみて黒い斑点があったら、その内部にはカビが発生している可能性があります。そのままでは、 カビが室内に広がってしまって健康への影響も考えられますよね。

そんなときは、お掃除のプロに頼んでしっかり内部もきれいにしてもらいましょう!

家事の宅配 カジタク 2018年度オリコン顧客満足度調査ハウスクリーニング コストパフォーマンス部門 第1位
KAJITAKU 家事の宅配

イオングループ「カジタク」
ハウスクリーニングサービスを
おトクに利用できる!

詳しくはこちら