3才~年齢別 ママもパパもみんなハッピー♪ はじめてのお手伝い 3才~年齢別 ママもパパもみんなハッピー♪ はじめてのお手伝い

vol.1 お弁当づくりにチャレンジ! vol.1 お弁当づくりにチャレンジ!

お子さんにはじめてのお手伝いをしてもらうきっかけとなるアイデアを、年齢別に紹介する新コーナー。今回は花や緑がきれいになるこの時季、ピクニックが楽しくなる「お弁当づくりのお手伝い」です。一緒に作ったお弁当はおいしさもひとしお! 忘れられないお出かけの思い出ができるはず♪

伊瀬玲奈先生
こども発達学の伊瀬玲奈先生がアドバイス
親子で一緒に楽しく調理をする、食べるという経験は、「豊かな食」につながります。とくにお弁当づくりは親子のコミュニケーションが広がる要素がいっぱいです!
プレゼントもあります。

この記事の最後にすてきなプレゼントがあります。さらにもれなく10パッチョポイントがもらえるアンケートも実施中! 最後まで読んでね。

子どもは料理が大好き♪
食育にも!

お弁当の用意をするお手伝いには、子どもがやってみたいこと、やりやすいことが多く、食材や調理方法を知る食育にもなるんです。

子どもは料理が大好き♪
料理を通して
たくさんの言葉に触れられる
料理を通して学べることはたくさん! 食材や調理器具の名前や使い方はもちろん、普段食べているメニューの材料や、調理の過程を知ることができます。そして、水なら「1杯」、おにぎりなら「1個」、ピックなら「1本」など、大人が何気なく使っている言葉や数の単位を知るきっかけにも。体験して、さまざまな言葉と知識を身につけることができるのが、料理のお手伝いのよさです。
子どもは料理が大好き♪
お弁当づくりには
「ポジティブ」が多い
お弁当の調理や準備は、お出かけ先で食べる楽しみがあるポジティブな行為。子どもに手助けをお願いしやすく、また子どものやりやすい作業が多いのもポイント。「何作る?」「どこに詰める?」など家族のコミュニケーションを増やすチャンスでもあります。そして、お弁当箱やカトラリーを準備したり、食べ物を詰めたり、クロスや風呂敷で包んだりというお弁当ならではの経験を伝える、いい機会にもなります。

年齢別 おすすめのお弁当づくり

年齢や発達に合わせて、子どもの「やりたい!」を伸ばす、おすすめのお手伝いをご紹介します。お手伝いをした「完成形」がわかりやすいのがポイントです!

3~4才くらいには!
おかずに細工するなど
簡単なことから
から揚げやフルーツにピックを刺すなど、完成したおかずに細工をする簡単なお手伝いから始めてみましょう。とくに、「できた!」という達成感が次への意欲につながりやすい年齢ですから、お手伝いの成果がわかりやすいことがおすすめです。のりやチーズを型抜きしたり、おにぎりを作れる調理用具などを使って、簡単な調理をお願いするのもいいですね。
ラクラクママ うきうきピックス15本378円、くまさんとなかまたち おにぎりセット1080円/以上ロフト
5~6才くらいには!
火を使わずできる調理は
ひと通りOK
野菜を洗ったり、ペーパータオルでふいたり、ちぎったり、ゆで卵の殻をむいたり、ごはんに具、サラダにマヨネーズを混ぜたり、火を使わない簡単な調理はひと通りできるようになります。コッペパンサンドなどは下ごしらえから完成までできそうです。ただし、「ほどほど」や「いいあんばい」は子どもにはわかりませんから、使う分量の食材や調味料をあらかじめ小皿に取り分けておくと、ママもストレスなくお願いできますよ。
お弁当箱Animo(アニモ)小判タイトランチ ライオン1620円/ロフト
7才以上には!
安全に配慮しながら、
切る、焼くなどの経験も
大人が安全に配慮すれば、調理器具を使い、切る、焼くなどができるようになる年齢です。子ども用の包丁や小さめの鍋、フライパン、トングなど、子どもが使いやすいものを用意すると、お手伝いの楽しさもアップ。味つけや使う食材から一緒に考えて、出来上がるまでの形や香り、音の変化を意識してみると、親子のコミュニケーションが増え、食が豊かになっていきます。
※子どもが「焼く」「切る」ときは大人が見守りましょう。「焼く」ときは長袖の服で腕を保護し、やけどしないように気をつけましょう。

おべんトング・イエロー 810円/ロフト

For Mom

いたみにくいお弁当づくり簡単テク

管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかりさん

水分が多いと、雑菌が繁殖しやすくなるので、お弁当の中にはできるだけ水分を含まないことがポイントです。詰めるときも、熱いままでは中で蒸気がこもり、水分が出る原因に。冷めてから詰めましょう。野菜はしっかり水分をふきます。また、おかずを濃いめの味つけにするのもポイント。塩やしょうゆなどの調味料に含まれる塩分には、殺菌効果が期待できます。ごはんを炊くときに酢を少量たらしたり、酢めしにすると、殺菌効果が高まるのでおすすめです。

  • テク1 ごはんを酢めしにする
    酢めし
  • テク2 プチトマトのへたは取る
    プチトマト
  • テク3 冷凍おかずを保冷剤に
    冷凍おかず

お手伝いHAPPY体験談

結月ちゃん5才
自分が作ったものがわかると大喜び!
娘はハンバーグのたねを作るお手伝いが大好き! お姉ちゃんと一緒に手伝ってくれることも。材料をこねるのが粘土遊びのような感じで楽しいのだと思います。好きな形にまとめて、焼き上がったときに、自分の作ったものだとわかるのもうれしいみたいです。(島村幸代ママ・結月ちゃん5才)
武矩くん7才
きれいにできたねと
ほめるとやる気アップ
ゆで卵の殻むきは毎日のお手伝い。ツルンときれいにむけるとうれしそう。「よくできたね~」と声をかけると喜んでいます。最近はゆでることにもチャレンジ。お湯を勢いよく流し、熱いしぶきが跳ねてびっくりしていましたが、それもいい勉強です。(小川史子ママ・武矩くん7才)

子どもが自発的にお手伝いするコツ

当日が楽しみになる工夫を!

まず「お弁当を持ってお出かけをするのはこの日」と楽しみにできるような工夫をしましょう。カレンダーに印をつけて、その日までシールをはったりするのもいいですね。そして、当日のお弁当づくりは時間にゆとりを持って。お手伝いを感謝したいと思っても、実際はいつもより道具が散らかっている…なんてことも起こりがち。急いでいると「違うでしょ!」と口を出してしまい、せっかくのやる気を損なうことにもなりかねません。お手伝いが楽しかった、という経験になるようにしたいですね。

お弁当のふたを開けたとき、自分の作ったものが入っていたら、子どもはうれしいもの。その喜びや楽しさは、きっといつまでも心に残るはずです。家族のすてきな思い出になるお弁当づくり、ぜひチャレンジしてみてください。

抽選で10名様に 100パッチョポイントプレゼント! 抽選で10名様に 100パッチョポイントプレゼント!

うちの子も頑張ったよ♪ お手伝い投稿募集中!
投稿写真

お子さまがお手伝いにチャレンジしたら、その様子を写真に撮ってぜひ投稿してください。すてきな写真・エピソードを本コーナーに掲載させていただきます。投稿お待ちしていまーす!

応募期間は終了しました

今月の先生

伊瀬玲奈先生

伊瀬玲奈先生

和洋女子大学 人文学群 こども発達学科 こども発達学専修 准教授。保育学がご専門で、保育者をめざす学生への指導だけでなく、自治体が主催するお母さんの育児相談などもしていらっしゃいます。

五十嵐ゆかりさん

五十嵐ゆかりさん

管理栄養士・料理研究家、フードクリエイティブファクトリー・マネジメント。暮らしに取り入れやすく美容や健康にうれしいレシピをさまざまな媒体に提供。料理家になったのは、幼少期の「家族と料理を作った体験」があったからとか。

協力

ロフト

ロフト

便利でかわいくて楽しい、遊び心いっぱいの生活雑貨を扱うショップチェーン。お子さんともネットストアで一緒に楽しくお買い物ができます。

住所:渋谷ロフト東京都渋谷区宇田川町21-1
営業時間:10:00~21:00
電話番号:03-3462-3807
ほか全国に115店舗
https://www.loft.co.jp/

present

4月の読者プレゼント

もれなく10パッチョポイントもらえるアンケート実施中!
応募期間:2018年4月19日(木)~5月23日(水)

応募期間は終了しました

パッチョポイントで、ロフトで大人気
「くまさんとなかまたち おにぎりセット」をプレゼント!
お手伝いが楽しくなる♪
合計5名様
応募資格:15ポイント
応募締切:2018年5月25日(金)

4種類の動物が作れる!
おにぎり型とカッター&カッターマットがセットに。

応募期間は終了しました