3才~年齢別 ママもパパもみんなハッピー♪ はじめてのお手伝い 3才~年齢別 ママもパパもみんなハッピー♪ はじめてのお手伝い

vol.7 夏の服と冬の服・衣替えと洗濯をしよう vol.7 夏の服と冬の服・衣替えと洗濯をしよう

そろそろ冬じたくを始めたい時季。季節に合わせて衣類を替える衣替えは平安時代から行われており、4月1日と10月1日にそれぞれ夏装束、冬装束に改めていたそう。現在は、6月1日と10月1日を目安に制服の衣替えが行われています。今回はそんな衣替えを子どもにお手伝いしてもらうコツやポイントを紹介。衣類の片づけだけでなく、洗濯のしかたや干し方、しまい方を伝えるいいチャンスにもなりますよ!
監修/和洋女子大学・伊瀬玲奈先生 参考/「大辞林」三省堂

衣替えをすることで
季節の移り変わりに気づく

衣替えはなんとなく親が済ませてしまいがちですが、薄手の衣類をしまい、厚手の衣類を用意するということを親子で行うことで、「季節の移り変わり」と「衣替え」のつながりに気づくことができます。

来年も着る?着られない?子どもの気持ちを大切にするコミュニケーション
来年も着る?着られない?
子どもの気持ちを大切にするコミュニケーション
小さい子どもの場合、来シーズンには同じ服が着られない可能性も。整理しながら、子どもにとって愛着のある服であればとっておく、お下がりでだれかに着てもらう、など子どもと相談するのもよいコミュニケーションに。大切に着てきた服だからこそ、子どもの気持ちを大切にしてあげたいものです。
いつも身につけているものの「素材」を知るきっかけに
いつも身につけているものの
「素材」を知るきっかけに
いつも身につけている衣類も、よく見るといろいろな素材が使われています。冬物を衣装ケースから出して、生地を確かめながら、厚手のもの、薄手のものと分けるのも楽しいものです。また、しまうときは、床に近いほど湿気があるため、肌着や下着などの綿素材はより下のほうに、デリケートな素材は上のほうにしまうなど、生活の中の知恵を伝える機会になります。

年齢別 おすすめのお手伝い

年齢や発達に合わせて、子どもの「やりたい!」を伸ばす、おすすめのお手伝いをご紹介。
上手にできることよりも、楽しくやることを大切にしましょう。

  • 3~4才くらいには!

    夏服を、残すものと
    処分・人にあげるものに分類

    夏服を整理しながら、来年着られないかもしれないけれど大切だから残しておきたいもの、処分するもの、だれかに着てもらいたいものを親子で相談してみましょう。「この服を着て●●したね」「だれに着てもらおうか?」などのコミュニケーションから、ものを大切にする気持ちがはぐくまれます。また、洗濯したものを干したり取り込んだりも、この年代の子どもができるお手伝い。子どもの靴下や下着など小さめのものを「何から干そうか?」と選んでもらうのが、楽しみながらできるコツです。

  • 夏服を残すものと処分・人にあげるものに分類
  • 5~6才くらいには!

    洗濯物をネットに入れたり、
    たたんだりをお願い

    洗濯を始める前に、ネットに入れてもらったり、色物を分けたりを子どもにお願いしてみましょう。そのときに、大切なものだからネットに入れることや、洗濯をすると濃い色がほかの衣類に移る可能性があることなどを伝えてあげるといいですね。そして、洗濯物が乾いたら一緒にたたむのもおすすめです。「これは夏の服だから冬の服と比べて生地が薄いね」など、季節によって衣類が変わること、素材に違いがあることにも触れると学びになります。

  • 洗濯物をネットに入れたり、たたんだりをお願い
  • 7才以上には!

    衣類のタグを確認して、
    素材に合った収納を

    衣類を収納するときに、一緒にタグを見て素材を確認してみましょう。そして衣類をしまうときには、綿素材は収納ボックスなどの下段、綿以外の素材は中段・上段にしまうといいことを伝えましょう。タグで素材を確認したら「これは綿だね。どこにしまえばいいかな?」など、子どもにしまう場所を探してもらうと楽しくお手伝いできます。この年齢のお子さんには洗濯物をたたむなどのお手伝いも。おうちの方のたたみ方を伝え、きれいにたたんでもらいましょう。

  • 衣類のタグを確認して、素材に合った収納を

For Mom

防虫剤を効果的に使うには? 置き方のポイント 防虫剤を効果的に使うには? 置き方のポイント

夏物の衣類を虫やカビから守るためには、防虫剤の置き方、使い方がポイント。まず衣類は立てて並べ、その上に防虫剤を置きましょう。そうすることで、防虫成分が全体にくまなく広がります。そして、表示された目安の個数を守って使いましょう。複数使う場合は、間隔を均等にして置くことが大切です。そして、防虫剤は必ず同じ種類を使いましょう。違う種類のものを一緒に使うと化学反応を起こし液化してしまう恐れも! 湿気が気になる場合は、防カビ剤配合の防虫剤などもありますから、上手に使って衣類を長もちさせましょう。
参考/マイカジbyKao

防虫剤を効果的に使うには? 置き方のポイント
point1.
衣類は立てて並べる
point2.
防虫剤は上に置く
point3.
防虫剤は個数の目安を守って、間隔を均等に

子どもが自発的にお手伝いするコツ

親子で並んでやっている様子を見せ合いながら

洗濯物を干したり、衣類をたたんだりすることを子どもにお願いすると、張りきってやってくれるものの、「やり直さなくちゃ…」という結果になることも多いもの。けれど「あ~あ、違うよ」は禁句です。取り組もうとしている気持ちを失わせてしまっては本末転倒になってしまいます。子どもに「こうして、ああして」と言葉だけで伝えるよりも、親子で並んで、一緒にやっている様子を見せ合いながら、「ママはこうなったよ。どう? 一緒?」などと声をかけると意欲がアップします。

前年の冬物を取り出して、子どもの成長を感じることもあります。「少し小さくなったけど今年も着られるね」などと会話が弾む、楽しいお手伝いの時間になるといいですね。

ボクも私もお手伝い!皆さまからの投稿写真ご紹介!!

  • はじめての焼きそば作り
    はじめての焼きそば作り
    もうすぐ4才になる娘。はじめて菜箸を使って、大好きな焼きそば作りに挑戦しました。おいしくできたね。(よよさん)
  • はじめてのコロッケ作り
    はじめてのコロッケ作り
    幼稚園でじゃがいも掘りをし、たくさん持って帰ってくれました! ポテトサラダやフライドポテト、この日はコロッケ作りも手伝ってくれました!(ラムさん)
  • きれいにするよー!
    きれいにするよー!
    もうすぐ3才の息子は、ほうきが大好き。私がベランダで洗濯物を干していると「おそうじする~」と言って手伝いに来てくれます。(まいたけ天さん)
  • 玉ねぎだって怖くない!
    玉ねぎだって怖くない!
    買い物から米とぎ、カレー作りまで4時間かけて頑張り抜きました♪ 目にしみちゃう玉ねぎには秘密道具で対抗! おいしいカレーライスができました。(さくままさん)
ボクも私もお手伝い! ボクも私もお手伝い!

抽選で10名様に 100パッチョポイントプレゼント! 抽選で10名様に 100パッチョポイントプレゼント!

うちの子も頑張ったよ♪ お手伝い投稿募集中!
投稿写真

お子さまがお手伝いにチャレンジしたら、その様子を写真に撮ってぜひ投稿してください。すてきな写真・エピソードを本コーナーに掲載させていただきます。投稿お待ちしていまーす!

応募期間は終了しました

今月の先生

伊瀬玲奈先生
伊瀬玲奈先生

和洋女子大学 人文学群 こども発達学科 こども発達学専修 准教授。保育学がご専門で、保育者をめざす学生への指導だけでなく、自治体が主催するお母さんの育児相談などもしていらっしゃいます。

次回の「はじめてのお手伝い」<11月15日(木)更新予定>は
「クリスマスパーティーを準備から楽しもう」です。お楽しみに!

present

10月の読者プレゼント

もれなく5パッチョポイントもらえるアンケート実施中!
応募期間:2018年10月18日(木)~11月15日(木)

応募期間は終了しました

パッチョポイントで、「カンガルーランドリーエプロン」を抽選でプレゼント!
底部分はメッシュで通気性もgood!
合計3名様
応募資格:30パッチョポイント
応募締切:2018年11月15日(木)

洗濯物をおなかのポケットに入れて、立ったまま手早く干せるエプロンです。両わきにタオルループと洗濯ピンチポケットつき。

応募期間は終了しました